« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

45*当事者になると

はっきりとは覚えていないけれど確かこの頃だったと思う

          *

1人で買い物中に立ち寄った本屋で

フレブル専門の本を少し立ち読み

ページをめくっていると「壊死性脳脊髄炎」の文字が目に留まった

eteと同じ病気と闘った家族の手記だった

一瞬ドキっとして読もうか読むまいか躊躇ったけど

やっぱり気になり…でもまともに読む勇気も無く

飛ばし飛ばしチラチラと目で追った

それほど長いページではなかったので

すぐにその子の最期の時が書かれたところに行きついた

少し読んで

鼓動が早くなるのが分かって手が冷たくなってきて…

読むのを止めた

          *

とても愛情ある手記で

病気の知識として参考になるものだったけど

実際に同じ病気と闘っている今…とても読むことは出来なかった

また急に不安でたまらなくなる

ほら…やっぱり読むべきじゃなかった

とにかく早くeteの元へ帰ろうと急いだ

          *

          *

101207_223201 

101207_223101

101207_223102

大丈夫よ

怖くない

頑張ろうね

46*お風呂タイム

eteさん お風呂はそんなに好きではなく

「お風呂入ろっか!」と声を掛けると

(ん?! 嫌な予感…)って顔をして様子を伺う

そして常に首からさげている物をお風呂の時だけ外されるから

(やっぱり!!) ここでeteさんなりにお風呂を確信

そそくさと逃げる体制

でも逃げ足が遅いのですぐに確保

101125_233001

《捕まっちゃいました》

          *

家に来た当初2回ほど私がお風呂に入れたけど

その後はずっと旦那さんが洗って私が拭く担当

お薬の副作用で黒いかさぶたのようなものがたくさん出来てきたので

清潔にしておいた方が良いだろうと

病院で購入したシャンプー&コンディショニングで

週に1度くらい優し~く洗って優し~く拭きます

101201_215301

101201_215303

《気持ち良いですか》

苦手なお風呂も入っちゃえば観念してちゃんとお利口さんに出来るよ

          *

ドライヤーも苦手だから隙あらば逃げようとするけど

「まーだ」「まーだ!」っと言われながら何とか頑張ります

ドライヤーの後は恐ろしいほどの抜け毛

これも副作用だから仕方ないけど…ちょっとため息

でもeteが何ともないならどうって事ないよ

          *

101120_1312010001

《お疲れさま》

47*待って 待って

日中は私と2人で居る時間が長~いete

いつも傍で引っ付いていたいほど甘えん坊ではなく

(どちらかと言えば人間の方が引っ付いていってる感じ…)

家族の誰かが近くに居れば全然大丈夫なのですが

2人で居る時に私が見えなくなるのは嫌みたいで

私が移動すると必ず「待って 待って~」とついてきます

          *

ベランダで洗濯物を干し始めると

101127_1429010001

《eteちゃんも出たいです》

101127_142902

《ベランダを探検中》

私が部屋に入ると

101127_1432010001

《eteちゃんも入りたいです》

          *

リビングとベランダの10㎝ほどの段差

他にも家の中にいくつかある同じくらいの段差

その段差にバスタオルを丸めて置き”簡易バリアフリー対策”

それでもeteにはちょっとだけ気合が必要です

たまに踏ん張りが利かず足が開ききってしまう時はさすがに助けますが

そうでなければ自分でタイミングを見計らって「…ヨイショ!!」と頑張ります

ついこっちまで一緒に「ヨイショ!!」と言ってしまいます

抱き上げて越えさせることは簡単だけど

時間をかければ自分で出来る事はちゃんと自分で頑張った方が良いもんね

          *

101124_1635010001

《お待たせ》

101124_1634020001

《お散歩行こっか》

101128_164201

《赤い落ち葉を咥えて遊んでます》

          *

101127_1619020001

101127_1619030001

《腕枕ならぬ手のひら枕》

48*覚えてて

通販の荷物が届きました

ガサガサしている私を見て

なになに~っと興味津々に近づいてきたeteさん

残念ながらeteのじゃないよ~

…そうだ ちょっといたずら

101206_183902a

《eteさんIN!!》

どや!

101206_183801a

《???…ココは何ですか》

101206_184101

《あの…別に入りたかったわけじゃないんだけど…》

こりゃ失礼

          *

          *

2010/11/28

この時期になると

マンションの中庭に自治会の方がクリスマスイルミネーションを飾りつけてくれます

我が家からも少し見えるので

点灯を待ってベランダに出てみました

eteを膝に乗せてしゃがみ込みイルミネーションを見せると

101128_170101

《じっと見つめてます》

薄暗いなかにピカピカと綺麗に光るイルミネーション

eteにもちゃんと見えているようです

101128_165801

《ピカピカきれいやね》

          *

こういう何かしら季節の流れを感じるような時にはいつも

楽しさと共に切なさが溢れます

「来年も一緒に見れるかな…」

そんなことを想うとピカピカの光がぼやけて来て

「いや違う…今一緒に見ていることが何より大事」と思い直す

それでもどうしても伝えたくて

「母さんeteと見たこと絶対に忘れへんから

eteも絶対にずっと覚えといてね」と声をかけてeteをぎゅっとする

顔を引っ付けてグスグスいっている私をよそに

eteはじっとイルミネーションを見つめてた

一番しんどいのはeteやのに

泣き虫は嫌いやね

…それとも一生懸命覚えておこうとしていたのかな

          *

体冷えるからそろそろお家に入ろうね

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »