« 歩く+呼吸 | トップページ | また買ってしまいました »

2015.11.24

犬に名前をつける日

昨日は映画へ

2fb58ebfe44d42a19d6420d41fc06cb3

ますは パスタランチ(コーヒーとお喋り付き)をしてから

F369073286d146adad2cf48f337daa5e 8b91c9a40bf44e63bb5d30b6aa95584e

5cfd07984066489e92fdf0204e1282ef F5235b4810d846959f27f48e48b821fd

犬に名前をつける日 

《感動のドキュメンタリー映画》

《この秋 映画館で泣きませんか?》

という紹介を見ていたので ハンカチを手に見始めたのですが

私の中に起こった感情は…『怒り』 でした

人間の身勝手で 強制的に閉じられるたくさんの命

そして

一部の多大な善意の下で成り立っている 殺処分の減少や殺処分0

こんな不自然な構図

やっぱりどう考えてもおかしいです

映画の中で 印象的な言葉がいくつかありましたが

その中でも 私が心に引っかかった言葉

撮影協力された 犬猫みなしご救援隊の方の

『繁殖犬は まず心を捨てます

 そうしないと生きていけないから』

元繁殖犬だったののが我が家に来てから

何度かその頃のののの気持ちを想像してみたことがあります

でも途中でいつも思考が止まるのです

涙が出るよりも先に

苦しすぎて脳が考えることを拒否しているかのように

先に進めなくなるのです

犬と人間

全く同じだとは思っていませんが

きっと繁殖犬たちも 自己防衛のため 本能で思考を止め 心を捨てているのでしょう

保護活動に深く関わっているわけでもない私が

あまり強い言葉を発するのは烏滸がましいと いつもは避けているのですが

お願いします

ペットショップで犬猫を買わないで下さい!!

その仔がペットショップで綺麗に可愛らしく展示されていれば

その仔の両親のことなど関係ありませんか?

その仔の容姿だけを見ないで

しっかりと背景を見て下さい

その仔の両親の飼育状態を きちんとご自身の目で確認して下さい

(そんなペットショップが存在するとは思えませんが)

出来ることなら本当は

命を削りながら産んだ繁殖犬の両親に対して

『ありがとう』 と 言ってやって欲しい

命は繋がっているんです

          *

映画館のまわりには ドイツクリスマスマーケット

都合で急遽お留守番になったののが待っているので

みなさんより一足お先に

134a2e56757e49eb9b1b15135a05d114

振り向きざまに パシャ

18b77c556abc420f90bcb9e1f99ad0c2

のの~ただいま♪

          *

映画に登場する動物たちは 本当にどの命も懸命に生き

それを助けようと奔走されるボランティアの方々の強さと清さには 心を打たれました

互いを生きる糧に 離れていても心を寄り添わせる犬と飼い主さん

新しい家族に出逢えた保護犬たち

その嬉しそうなご家族の姿には 笑顔と感動をもらいました

ショッキングなシーンはありませんので 観やすく

ほっこりと和む場面もちゃんとありますよ

保護犬に限らず

動物たちのために出来ることが きっと見つかる映画です

どの映画館も 上映期間が比較的短いようなので

是非お早めにご覧になって下さいね

|

« 歩く+呼吸 | トップページ | また買ってしまいました »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

エテ母さま

上手く言葉に出来なかった事を
ちゃんとしっかり書いて下さってありがとう。
より多くの人にこの現実を知ってもらえますように

投稿: みみっぺ | 2015.11.24 21:03

みみっぺさま

ありがとうございます
少しでも誰かの心に引っかかって
1人でも映画を観て下さる方が増えれば嬉しいです

投稿: ete-maman | 2015.11.25 09:34

製作中というのは知っていましたが・・・
もう上映されていたのですね。

こういう良い映画を沢山の方に見ていただきたいですよね。
もし宝くじが当たったら・・・・
ババ~ンと!!自主上映とかできたらいいのになあ。

投稿: ぷちぷち店長 | 2015.11.26 15:32

ぷちぷち店長さま

本当にたくさんの方に見ていただきたいです
残念ながら 動物愛護に関心のある方にしかあまり知られていないようですので
自主上映!是非!
年末にドカ~ンと!!お願いしますヽ(´▽`)/

投稿: ete-maman | 2015.11.27 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歩く+呼吸 | トップページ | また買ってしまいました »